カードローンを気軽に活用しよう!

カードローンを気軽に活用しよう!

今やカードローンを生活の中で積極的に活用している方は、 かなり多いのではないでしょうか。 最近は大手銀行等も融資業にどんどん参入しているので、 気軽にそして安心して融資を受ける事も可能です。 金利も最大で18%が限度となっていますので、 短期的な融資であればかなりお得にお金を借りる事が出来ます。 そうは言ってもお金を借りる以上は申し込み時に審査があります。 しかしながら安定した収入のあるサラリーマンであれば、 これまで金融機関との間で金銭的なトラブルがない限りは、 まず問題なく審査にパスしますので申し込んでみてはいかがでしょうか! 審査時に必要な物は身分証明書程度です。 無人契約機等を利用すれば申し込み?融資まで、 審査を経ても30分程度で完了します。 ですのでその日に急にお金が必要になっても、 通勤時、お昼休みあるいは休憩の合間に、 あっという間に申し込み手続きが出来て、 現金をゲット出来ますのでとっても便利なのです。 お財布に一枚はキャッシングカードを入れておきましょう!

テレビやラジオのCMや電車やバス等の車内広告で、 カードローンの宣伝を目にしない日はありませんよね。 こうした宣伝を見ているととても便利で魅力的なので、 是非活用してみたいと思っている方は、 結構多いのではないでしょうか? 事実年々利用者が右肩上がりで増えているので、 実際に主婦の利用者も増えているのです。 そこで気になるカードローンの申し込み方法ですが、 今やたくさんの方法がありますので、 あなたのお好みや都合に合わせて利用すると良いでしょう。 その方法は大きく店頭で申し込む方法、 無人契約機に出向いて申し込む方法、電話やファックスで申し込む方法、 パソコン、携帯やスマホを用いて申し込む方法があります。 やはり初めてなのできちんと説明を受けたい方は、 店頭に出向いて申し込みを行うと良いでしょう。 対面が嫌な方はその他の方法で申し込めば良いのです。 金融機関にもよりますが融資金額が、 50万円あるいは100万円程度までなら、 収入証明書等の提示は必要ないので、 とても気軽に申し込みが出来て便利ですよ。

日常生活の中で急にまとまったお金が必要になる事は、 結構頻繁にあるのではないでしょうか? こうしたときに手元にお金がない場合には、 家族や友人等から借りる方が多いと思います。 その際に1万円や2万円と言った小額でしたら、 すぐに借りる事が出来るかもしれませんが、 5万円あるいは10万円またはそれ以上ともなると、 そう簡単には貸してくれないかもしれません。 こうしたときでもすぐにお金を準備する必要が生じた時には、 気軽にカードローンを利用すると良いでしょう。 これなら1万円という小額から利用する事が出来ますので、 お金の多少にかかわらずいつでも活用出来ます。 手続きはとても簡単です。 店舗に行く、無人契約機を利用する、電話連絡をする、 そしてインターネットを活用する、 など様々な申し込み方法があるのです。 今や店舗に行かなくても直ぐに手続きが可能です。 審査にさえパスすれば早ければ即日融資も可能ですので、 気軽に様々なシーンでカードローンを活用してみませんか!

今ネットショッピングでなくてはならない存在が、楽天ですよね。楽天を利用したことがある方も多いと思います。 その楽天系列の銀行として、楽天銀行があります。楽天でのショッピングでどんどんポイントが貯まっていく楽天カードを持っている方などが、よくその楽天カードのついでに楽天銀行に興味を持つことがあるのではないでしょうか。そんな楽天銀行が発行しているカードローン商品は、スーパーローンというものです。このスーパーローンは、下限金利は4.9%で、上限金利は14.5%となっています。これはメガバンクが発行しているカードローン商品と全く遜色のないか、場合によってはそれを下回る金利設定であると言えるでしょう。特に400万円から500万円の限度額に対しての設定金利が低いと言えます。そして、利用限度額は500万円までとなっています。一般のカードローン商品では、例えば学生向けの貸付を原則認めていない商品や、パートやアルバイトに対する貸付にも限定がかけられている場合がありますが、この楽天のスーパーローンではそのような限定はありません。また、専業主婦であっても、利用限度額50万円までであれば申請を行うことができます。楽天銀行は商社金融業者ではありませんので、貸金業法による総量規制の適用は受けません。したがって、単独で50万円以上の借り入れもしくは他者と合わせて100万円以上の借り入れであったとしても、収入証明の提出は不要です。楽天銀行の場合は200万円以上ルの利用限度額の契約のときにはじめて収入証明の提出を求められます。それ以下であれば収入証明の提出は原則不要となります。ラテン銀行は、ネット銀行ですから、特定の店舗やATMを持っているわけではありませんが、借り入れの方法は、自分の指定した銀行口座への振り込みや、提携しているキャッシュディスペンサー及びATMでの引き出しという方法がとられますので、他の金融機関のカードローン商品と何も変わりません。カードローン借り換え.jp

オリックスという会社名は、かつてメジャーリーガーのイチローが在籍したオリックスブルーウェーブの名前などによって全国的にその知名度があります。その大元の会社であるオリックス株式会社は、日本を代表するリース会社です。子供のときなどは、リース会社という業態のイメージがいまいちはっきりしませんから、オリックスという名前は野球を通じてよく知っていても、その会社がどういう会社なのかということは理解できなかったものです。そんなオリックス株式会社も現在では事業を多角化させていて、様々な子会社をつくっています。王道のリース業の延長上として最近有名なのは、オリックスカーシェアのサービスではないでしょうか。レンタカーならぬカーシェアリングというシステムの普及に大きく貢献しています。さて、カードローンに関連して言えば、その子会社の1つにオリックス・クレジット株式会社があります。また、インターネット銀行として、オリックス銀行という会社もあります。このいずれの金融機関も、カードローン商品を取り扱っています。面白いのは、業態として消費者金融業者であるオリックス・クレジット株式会社が発行するカードローンの方が、小口の融資の部分に関して言えば、オリックス銀行が発行するカードローンよりも金利設定が低くなっているという部分です。例えば100万円までの融資に対しては、オリックス・クレジットのローンの場合、上限は14.8%で、下限は8.0%になっているのですが、これがオリックス銀行の場合、上限は17.8%で、下限は9%になっています。ただ、利用限度額ギリギリに近づけば、オリックス銀行の方が金利は低くなります。普通は逆ですよね。だいたいカードローンというものは、銀行の方が金利が低く消費者金融業者の方が金利が高い、というのが相場観というものですが、オリックスに関しては、これが逆になってるんです。要するに、オリックス銀行は大口融資向けで、オリックス・クレジットは小口融資向けなのだという風に大まかには整理ができるでしょうね。

日本を代表するメガバンクと言えば皆さんご存知、三菱東京UFJ銀行ですよね。CMや広告などでこの名前をよく目にします。利用している方も非常に多いカードローンです。 この三菱東京UFJ銀行の持ち株会社である三菱UFJフィナンシャルグループは、近年、消費者金融業者である。アコムを子会社化したことによって、個人向け融資というジャンルに食い込んできています。ただ、そのように子会社化したアコムのキャッシング商品とは別に、三菱東京UFJ銀行側でも独自のカードローン商品が取り扱われています。三菱東京UFJ銀行のカードローン商品は、バンクイックと呼ばれるものとマイカードプラスと呼ばれるものの、主に2種類があります。主力商品はバンクイックであり、こちらは利用限度額の上限は最高で500万円などとなっています。金利は下が4.6%で、上は14.6%という水準であり、何しろ日本を代表するメガバンクですから、一般にカードローン商品というのは、このバンクイックの金利設定を基準にしているといっても過言ではないかもしれません。一方のマイカードプラスのほうは利用限度額の上限は30万円で金利は一律で14.6%となっています。こちらの商品は、三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードに付帯されている機能としてのカードローンです。もちろん、三菱東京UFJ銀行に銀行口座を開くことによって自動的にカードローン商品に申し込みがなされるというわけではありません。カードローンは、カードローンとして別途に申し込みをすることが必要です。その際には、通常のキャッシングやカードローンと同様の審査のプロセスを経る必要があります。バンクイックの方は、三菱東京UFJ銀行の銀行口座を設ける必要はありません。単純にカードローン単独の商品であるといえます。借り入れる方法は主に全国にATM網がある三菱東京UFJ銀行ならではの便利さがあります。銀行ATMに行って、そのカードで操作をすれば借入れが行われるわけですね。ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。主婦カードローン.jp


ホーム RSS購読 サイトマップ